Tarumi's Blog 2

アクセスカウンタ

zoom RSS [旧BLOG記事] 不正入国手口(その2)

<<   作成日時 : 2005/01/28 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月中旬、昼休みに国際電話がかかってきた。国際会議に関する問い合わせ電話。なんだか電話が遠いが、参加したいので詳細を教えて欲しいという。コリアとか聞こえたので韓国かと思った。(注。この会議はアジア中心。)参加登録をして金を払ったら招待状を送ると説明。



数日後、改めてメールが来た。コリアではなくガンビアだった。何と西アフリカ。聞き違い。そういえば電話が遠いし韓国とは違う訛りの英語だったかも。メールでは早く登録したいと言っているが登録開始はまだなのである。待ってくれというと、セネガルの日本大使館まで行かないとビザがもらえないから早くしてくれとしつこい。怪しい。でもとにかく受け付けはしてないのでそのまま放置。以来音沙汰はない。しかし数万円の参加費を支払ってでもビザが欲しいのだろうか?



こういう場合の対応方法を外務省に電話で問い合わせてみたところ、極めて慎重な言い回しで回答してくれた。絶対にその人は怪しいとか、どこの国はそういう事例が多いとかははっきり言わない(当然か)。参加費を支払ってでも偽装する可能性については「ないとはいえない」との回答。



で、外務省の人と話した結果の私なりの結論としては、ビザ発行に必要な書類は送っても良いが、申請者との関係に「学会に登録したから書類を発行したまでであって、面識はない」とはっきり書いておくのが良さそうだ。(招待状ではなく、大使館に持って行く申請書様式を使うということ。)そうするとこちらに責任が来ることはないだろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[旧BLOG記事] 不正入国手口(その2) Tarumi's Blog 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる