Tarumi's Blog 2

アクセスカウンタ

zoom RSS [旧BLOG記事] GN研(2)

<<   作成日時 : 2005/03/17 18:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

招待講演「閉塞感に包まれているIT研究」 by 松下先生 (東京工科大学)



以下メモ。

----------------------------------------------------

IEEE, IPSJ の会員減。情報系学科の世界的な志願者減。

IBM のパソコン事業からの撤退。

RFID は流行っているが、大事な仕事は標準化であって研究の仕事は乏しい。

競争の激しくボランティアベースのインターネットが、官公需依存で護送船団方式の通信業界を潰した。→ NTTが草の根に負ける。



アメリカのWindowsを使わないために日本政府はLinuxを推奨。

東京工科大学にオープンソフト/Linuxで二億円予算がついた。



日本の凋落。

日本の公共料金は高い。仕事の効率が悪い。コンピュータや液晶の競争力がない。



米国ITを追従しない。

オープンソフトの使用、携帯端末などの組込ソフトのデファクト化推進(キャリアに囲い込ませないオープン携帯電話)、携帯電話データ通信の高付加価値化、家電の情報化、人の脳に学ぶコンピュータ、香りの出るコンピュータ、人に優しいコンピュータ、環境に優しいネットワーク、などの研究開発領域。



IT の競争力は8位に上昇。光ファイバの普及が貢献。

日本の人口減少。東京工科大学の志願者も激減。

2050年にはインドの人口が一位。

CO2排出も減らさないといけない。省エネ製品が重要になる(ルータの省エネ規制)。



省エネと人口減に対してITがどう対応するかが重要。



基幹技術10大戦略にペタフロップス級スパコン、準天頂測位衛星が入っている。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[旧BLOG記事] GN研(2) Tarumi's Blog 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる