Tarumi's Blog 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 工学部へ行くための勉強(6)

<<   作成日時 : 2009/02/26 18:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回は、「工学部卒業後の進路選択を有利にするためには、高校のうちに何を勉強すれば良いのか?」について、繰り返しになりますが大学で留年しないことを強調しました。もちろん、留年しないためには授業や実検をきちんとこなす自己管理能力が必要です。つまり、高校のころから何をすれば良いかというと、計画的にものごとを進め、誘惑に負けないように自分を律する習慣をつけておく必要があると言えます。

さて、就職活動をうまくするために大切なことの一つは面接試験等にうまく対応できることです。特に、大学院卒ではなく学部卒で就職する場合、就職活動は3年生の後半から4年生の前半になりますから、専門的な試験は行われませんし、また企業側も特定の専門能力を持った学生とはあまり期待していません。従って、一般的な試験や面接が重要になるのです。専門性が見られないのはあまり良いことではないので、改善を望みたいと思います。

そして面接試験で重視されるのがコミュニケーション力です。これにはあいさつがきちんとできる、聞かれたことにきちんと要領良く答える、自分なりの考えを持っている、といったことが含まれています。また、就職試験には「グループディスカッション」というものがあり、突然テーマを与えられて受験者同士で討論させられます。自分の意見を言えることはもちろん、議論をうまくまとめたり議長役をうまくこなせることなどが求められます。これらのことに備えるには、高校のうちから、大人の人(例えば両親や先生)とさまざまなテーマで議論してみると良いと思います。このことは、大学在学中に教員に質問する習慣にもつながり、留年防止にも役立ちます。また、読書も重要だと思います。

今回の話は残念ながらあまり工学部特有の話ではないですね。

続きを読む…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
工学部へ行くための勉強(6) Tarumi's Blog 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる