Tarumi's Blog 2

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフトウェア生産の能力差は特殊?

<<   作成日時 : 2009/02/20 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ソフトウェア技術者の生産性は優秀な技術者とそうでない技術者の間で100倍くらい違う。これはソフトウェアに限ったことで特殊である。」

などといった主張をときどき聞くことがあります。私も若いころはプログラミングに自信がありましたから、このような主張をしてくれる人は歓迎する気分でした。しかし、今、あまり賛成ではありません。

上記の主張、最初の命題「ソフトウェア技術者の生産性は優秀な技術者とそうでない技術者の間で100倍くらい違う。」は正しいと思います。しかし次の命題「これはソフトウェアに限ったことで特殊である。」は怪しい。私は、創造的な頭脳労働はほとんど生産性の個人差が大差だと考えています。例えば、作文を書かせても優秀な学生とそうでない学生では生産性に大差があります。ビジネスで使い物になる品質の作詞、作曲、イラスト、企画書…などどれも大差になるでしょう。

ソフトウェア生産の場合は「テスト」という品質保証のフォーマルな関門があり、「バグ」という低品質を象徴する現象が起こるためにこのことが目立つのでしょう。また、チームで開発する中で優秀な人とそうでな人が混在して仕事しているために不満がたまるという面があります。

この能力差を給与にどう反映すべきか、についてはいろいろ考え方があるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソフトウェア生産の能力差は特殊? Tarumi's Blog 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる