Tarumi's Blog 2

アクセスカウンタ

zoom RSS インタラクション2009中学高校生公開セッション

<<   作成日時 : 2009/03/09 18:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、3月5,6日にインタラクション2009が東京都千代田区の学術総合センターで開催されました。経済状況の悪化で参加者減が心配されましたが、思ったほど大きな減にはならず、6日には無事に「ドーナツのサービス」を復活させることができました(笑)。インタラクティブ発表現場の賑いは、主観的には昨年以上という気もしました。

さて、今年の新企画として「中学高校生公開セッション」がありました。これは私が大会委員長を引き受けたときに提案したものですが、無事に開催し、成功させることができました。ご協力いただいた学校の先生方、展示者の皆様、委員の皆様本当にありがとうございました。

中学高校の多くは当日が期末試験の最終日というスケジュール的な幸運にも恵まれ、結果的に四つの学校(中高一貫校含む)から50名強の生徒さんが集まりました。キャパシティの問題もあり、これ以上の受け入れはなかなか難しいと思われます。中学生の方の人数が多かったのですが、卒業手前の高校3年生も来場しました。生徒の皆さんにはこちらで用意した11件の展示を見ていただきました。数名のグループにわけて解説役の研究者の案内に従い、順次展示を見ていただいたところ、なんだか計ったように所定の時間で見学を終えることができました。展示者はうっかり難しい言葉をつかったり難しい話をしてしまうことがあるので、解説者が帯同することは重要です。展示終了後にはアンケートに答えていただき、お菓子とジュースで疲れを癒していただいた後、解散となりました。

アンケート結果は好評だったのですが、アンケートを調べるまでもなく、見学中の生徒さん達の歓声や表情、そして展示者のにこやかな顔を見ただけでうまく行ったことが確信できました。おおざっぱにまとめると、博物館と違って最先端のものを開発者自身が解説する迫力が見学者には好評であり、生徒の素直な反応から元気をもらい、昔の自分を思い出したというところが展示者に好評だったのではないかなと思います。

写真をいくつかお見せします。生徒さん達の表情がすごく良い写真が多いのですが、肖像権の問題もありますので、あまりお見せできないのがとても残念です。(写真撮影:広報担当委員)

画像
中学高校生で賑わう展示場



画像
頭部搭載風ディスプレイ


画像
複数台ロボットのマルチタッチディスプレイによる操作インタフェース


画像
群集アニメーション作成のための直観的なペンインタフェース


画像
カメレオンボール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インタラクション2009中学高校生公開セッション Tarumi's Blog 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる