Tarumi's Blog 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 電王戦第二局

<<   作成日時 : 2013/03/30 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の電王戦、プロ棋士がコンピュータに負けたというニュースが号外扱いにまでなっていて驚きました。関連研究者的には、5人のプロが全勝というわけにはいかないことは十分予想の範囲だったと思います。

ところで、「将棋で人間が機械に負けたとしても、人間同士の勝負は価値がある。人間が自動車に走るので負けても、人間の競争がなくならないのと同じ。」という論があります。

私も、人間同士の勝負に価値がなくなるとは全く思っていません。しかし、この「コンピュータ=自動車」論にはどこかひっかかるところがあります。そう思ってる人は他にもいるのではないでしょうか?

で、理由について考えてみました。

車は、人間より速く走りますが、人間の筋肉の使い方や血液のことや呼吸のことなどについて悪いところを指摘したりはしません。仮に指摘したところで、適切に訓練されたランナーであればもう改善の余地がないほど力を出しているので、肉体的なことはほとんど修正できないし、言われても悔しくはないでしょう。

ところが、将棋の場合、コンピュータは人間の手の悪かったところと修正案を具体的に指摘してしまうことができます。人間はコンピュータにそう指摘されると、「確かにそうですね。気が付かなかった。」とミスを認めざるを得ません。そういうことが、名人クラスでも起こり得ます。これはとても悔しいはずです。

もう一つ、車はもともと人間に勝つためではなく利便性のために開発されたものです。敢えて言えば、馬に勝つために開発されました。ところがコンピュータ将棋は人間に勝つことを目標にこれまで開発されてきました。これも悔しさにつながります。

これらの違いがあるから、コンピュータを車に例えられても、皆が納得するわけではないと思うのです。

Special Thanks: 大西達也さん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
電王戦第二局 Tarumi's Blog 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる