東京はずるい

今年はいろいろなライブに行きました。東京や横浜には小さなライブハウスがいくつもあり、そういったところも機会があれば訪れます。キャパシティが20人くらいのところもありますが、ハコが小さいから出演者がアマチュアとか二流だとかいうことは全然なくて、驚くような超一流パフォーマンスが繰り広げられていることも多いのです。実験的な内容だったり、普段はありえないようなミュージシャンの組合せだったりとか、色々あります。どうしてハコの大きさなりの客数しか集まらないのか僕は不思議なのですが、毎日どこかで凄いライブをやってるので東京の人は麻痺してるのでしょう。こういう東京の状況を、あるライブ仲間(在東京)は「東京はいい街」と表現し、それに対し僕は「東京ずるい」と返しました。

さて少し前の話になりますが、12月19日にかねてより交流のある歌手、三橋美香子さんのライブに行きました。彼女の歌も迫力ありますが、そこで拝見した共演の箏奏者八木美知依さんの演奏は、初めてだったので驚愕しました。どういう演奏かは敢えて表現しません。CD を聞いただけではわからないと思います。こういうものは実際にライブでみないとわかりません。演奏の様子は少しばかり YouTube などで検索すれば動画で見られますが、ぜひ現場で見ていただきたいものです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック